西銀座の有楽町星空放送局

海外歴2年(ニュージーランド、カナダ)、社会人2年目のブログです。乃木坂&欅坂46とガルパンの話題を中心に……。

カナダ大使館訪問記: メープルリーフは風に揺れる

こんばんは、番組メインパーソナリティのフランク一郎です。

3年ほど前、カナダのトロント大学に留学していました。国際関係論、日本近代史、アメリカ政治の授業を受けつつも基本的にはトロント市内をウロウロしたり、カフェでぼんやりしたりする日々を過ごしていました。

カナダ滞在中はトロントの他、オタワ、バンクーバー、バンフ(カナディアンロッキー)へ行きました。

f:id:YYZ095:20161222165507j:image

トロントはカナダでは1番、北米では4番目に大きい都市です。トロントにはトロント・ブルージェイズ、米国外で唯一のメジャーリーグチームが存在します。

市内には様々な国の文化が集まり、ニューヨークに次ぐ多文化都市です。トロントダウンタウン周辺だけでも中国、韓国、イタリア、ギリシア、インド、スペインのいわゆる「○○人街」があります(ちなみに日本人街はマイナーなのか、地下鉄で30分、バスで20分ほど離れたところにありました)。

カナダ観光といえばバンクーバーカナディアンロッキープリンスエドワード島赤毛のアン)がメインですが、トロントも楽しい街です。

■■■■■

本日は赤坂のカナダ大使館に行って来ました。

f:id:YYZ095:20161222170554j:image

カナダ大使館には一般人の入れるゾーンがあり、カナダが好きなら一度は訪れたいスポットでもあります。

f:id:YYZ095:20161222170744j:image

驚いたのが入り口。大使館ですから警視庁が管理しているのかと思いきや、受付には民間の警備員。周辺には警察車両も無く、お国柄を表してか、とても平和なところでした。

身分証を見せ、エスカレーターで4階へ。

f:id:YYZ095:20161222171001j:image

f:id:YYZ095:20161222171436j:image

カナダはコモンウェルス、つまり英国連邦の加盟国のひとつ。独立国ではありますが、英国王への忠誠を誓います。それゆえ政府機関には英国王の写真が必ずあり、このカナダ大使館も例外ではありません。オタワのパーラメント、国会議事堂の中にはあちこちに現英国王・エリザベス2世の写真や肖像画がありました。

奥にあるエレベーターで地下2階へ向かいます。大使館員の執務フロアがどこにあるのかは不明。

f:id:YYZ095:20161222171117j:image

立ち入り可能エリアは3階と地下2階の以下の通り。

◇領事部(在日カナダ人向け業務)

高円宮記念ギャラリー(美術展)

オスカー・ピーターソンシアター(劇場)

◇E・H・ノーマン図書

地下2階ホール。

f:id:YYZ095:20161222172655j:image

以下が高円宮記念ギャラリー。

f:id:YYZ095:20161222171402j:image

f:id:YYZ095:20161222171414j:image

f:id:YYZ095:20161222171421j:image

美術わからない………。

あいにくオスカー・ピーターソンシアターはClosed。普段は何をやってるんでしょうね。

続いてE・H・ノーマン図書館。

f:id:YYZ095:20161222172051j:image

f:id:YYZ095:20161222172108j:image

f:id:YYZ095:20161222172115j:image

f:id:YYZ095:20161222172125j:image

f:id:YYZ095:20161222172631j:image

f:id:YYZ095:20161222172626j:image

うーん、静かで良い……。『岡部いさく&能勢伸之のヨリヌキ週刊安全保障』が捗った。

カナダに関する展示物やパンフレット、留学ガイドにくわえて、カナダの雑誌や新聞、書籍が多数ありました。これらの貸出も可能。

これからカナダ留学に行くのであろう高校生がパスポートがどうの、スケジュールがどうのと話しており懐かしい気持ちになりました。16:30まで図書館は開いています。

f:id:YYZ095:20161222172558j:image

f:id:YYZ095:20161222172604j:image

f:id:YYZ095:20161222172618j:image

色々となつかしい気持ちが蘇るカナダ大使館訪問でした。