読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西銀座の有楽町星空放送局

海外歴2年(ニュージーランド、カナダ)、社会人2年目のブログです。乃木坂&欅坂46とガルパンの話題を中心に……。

自閉症児は黄色を嫌う

こんばんは、番組メインパーソナリティのフランク一郎です。

f:id:YYZ095:20170113211103j:image

先日訪れた、トリコロールという喫茶店のコーヒーとエクレアです。コーヒーは若干酸味の強いコーヒーでした。昭和のモダンさが残るお店の雰囲気とコーヒーの組み合わせに魅了されてしまいました。

f:id:YYZ095:20170113211207j:image 

スタバやエクセルシオールなどのチェーンも良いですが、たまにはこうしたクラシックさのあるお店で過ごすのも楽しいですよ。

[食べログ]アクセスが制限されています

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎

今日はThe Japan Timesの記事を翻訳してみます。

Research in Japan and France suggests boys with autism spectrum disorder dislike yellow | The Japan Times

自閉症スペクトラム障害児は黄色を嫌うとの研究結果。日仏共同研究。

f:id:YYZ095:20170113214357j:image

【京都】

自閉症スペクトラム障害をもつ児童は黄色を嫌い、緑色を好む傾向があると、京都大学霊長類研究所教授・正高信男教授からなる研究チームが明らかにした。

「黄色は自閉症の子供にとっては疲労の原因。看板を制作する人々は念頭においてほしい」と正高教授は話した。

レンヌ大学を含むチームは、Swiss Journal Frontiers in Psychology誌において、自閉症スペクトラム障害をもつ男児らの色に対する好みを研究論文として発表。

研究においては、4歳〜17歳からなる29人の自閉症スペクトラム障害児と同年代の38人の少年の色の好みを比較。被験者は、診断基準が明確に設けられているフランスで選ばれた。

赤、青、黄、緑、茶、桃の6色を示された被験者は、どの色が好きかを示した。

結果、障害のない男児が黄色を好んだのに対し、自閉症の男児はほとんど黄色を好まなかった。

一方、自閉症の男児は緑や茶色に興味を示し、赤と青は両グループが好む傾向を示した。桃色は両グループから人気が無かった。

6色のうち、黄色はもっとも高い輝度をもつ。「黄色に対する嫌悪は、自閉症児の過剰反応の現れである」と研究論文は記した。

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎

自閉症スペクトラム傾向のある人は、大きな音や人に触られるのが苦手だったりします。タートルネックを着られない人も中にはいます。自閉症スペクトラムの無い人と比べ神経が敏感なのが原因です。

かくいう私も自閉症スペクトラム障害の持ち主であり、確かにタートルネックは苦手です。そもそも首に何かが触れている状態というのが苦手です。もっとも、黄色が特別に嫌いということは無いんですけどね。

ちなみに正高信男教授ですが、13年前に話題になった本の著者でもあります。レビューに書かれている通りそこここに論理やエビデンスに問題がある様ですが、携帯電話が人間に及ぼす影響に関して一石を投じた功績はあるのではないでしょうか。 

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)