社会人3年目が11月までに転職と彼女ゲットを目指すブログ

11月末までの転職と彼女ゲットに向かって突き進む、カナダと銃と欅坂46を愛する社会人3年目のブログです。

Which English Am I Speaking?

f:id:YYZ095:20170926231334p:plain

最近、オーストラリア・ニュージーランド訛りの英語(オセアニアンイングリッシュ)にハマっています。たとえばharbourという単語で"r"の舌を巻かずに「ハーバー」と発音します。北米訛り(アメリカ・カナダ)では巻きますね。

豪州訛りは英国のアクセントに近い発音です。しかし口を開かない英国訛り(英国訛りという表現は適切ではありませんが、便宜上使用しています)とは微妙に異なり、口を開く発音もあります。

各地の訛りを確かめるには、Expediaがつくっている観光案内動画が実は大いに役立ちます。ヘタに"Australian accent"とYouTubeで検索して素人ユーチューバーの粗雑な動画を観るよりも遥かに有用です。


Adelaide Vacation Travel Guide | Expedia

綺麗な豪州訛りの英語ですね。女性の方が発音がきれいなような気がします。


Wellington Vacation Travel Guide | Expedia

こちらはニュージーランド訛り。ウェリントンにかつて留学していた身としては非常になつかしい映像とアクセントです。


London Vacation Travel Guide | Expedia

ザ・本家の英国訛り。英国英語をマスターできたら英語学習者としては勲章物ですね・・・。

グロービッシュ」なんて言葉にあるとおり、必ずしもノンネイティブがネイティブの様にビューティフルな英語を喋れる必要はありません。しかし、私のようにどこかの地域の英語のアクセントを目指してみるのも一興ですよ。