社会人4年目が2018年中に100万円貯金か転職を目指すブログ

世界の英字メディアを読みながら、貯金増額と真にやりがいのある仕事を目指す、カナダと銃を愛する社会人4年目のブログです。

リベラルという国難

f:id:YYZ095:20171009010415j:image

安倍首相が街頭演説の場所を事前に公開しないことに対し、一部界隈から批判の声が上がっているそうです。

【衆院選】安倍晋三首相の遊説にヤジや妨害相次ぐ 非公表のはずが…ツイッターで飛び交う日程 (1/2ページ) - 産経ニュース

ぶっちゃけ安倍首相を批判する界隈は安倍首相が何をしようが批判するので「いつものことか」と思うわけですが。

街頭演説の妨害はさすがにいただけませんよ。選挙前の街頭演説は、候補者が有権者に情報を提供する場。名前を連呼するだけの公害候補者もいますが、そういうのはともかく、有権者には安倍首相の演説を聞く権利がありますし、安倍首相にも演説をして自民党の政策について語る権利があります。これは希望の党だろうが立憲民主党(笑)だろうが、社民党(笑)だろうが関係ありません。

そのへんを無視して街頭演説の妨害をしかけ、それに備える安倍首相を非難するのは民主主義に悖る行為です。

これだからリベラルって嫌いなんだよな。