社会人3年目が英字新聞を読み解きながら2018年中に100万円貯金を目指すブログ

世界の英字メディアを読みながら、カナダ旅行の資金100万円貯金に向かって突き進む、カナダと銃を愛する社会人3年目のブログです。

「カナダ」の語源: 聞き間違いからすべては始まった

f:id:YYZ095:20171206101430j:plain

世界第2位の国土を持ち、美しい自然に恵まれたカナダ。

そもそも「カナダ」という名前はどこから来たのだろうか?

調べてみると、ある探検家の聞き間違いに端を発していることが分かった。

上原善博『カナダ 歴史街道をゆく』から引用してみよう。

カナダ 歴史街道をゆく

カナダ 歴史街道をゆく

 

カルティエは)探検中の1525年、2人の先住民の若者が、カルティエに「カナタ」への道を教える。「カナタ」は、先住民の言葉で単に「村」や「村落」のことをさすものだったが、そのことをよく知らなかったカルティエが周辺を「カナダ」と名付けたので広まった。それが現在のカナダの国名の由来となっている。

(99ページより引用)

ジャック・カルティエという探検家の聞き間違いからカナダは始まったのだ。

何とも面白い国名である。