A Journey for “Proper Works”

A blog of a young Japanesene job hunter who loves Canada🇨🇦, Australian English🇦🇺, and guns. Favourites: Beretta 92F, HK416D.

2017年の10大ニュース AP通信チョイス: Associated Press' Top 10 News of 2017

f:id:YYZ095:20171226151542j:plain

100万円貯金を目標としている筆者ですが、ここ数日にかけて無駄な出費を繰り返してしまっています。

今月も赤字だァ…

Son of a bitch!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

AP通信の編集部が選ぶ2017年の10大ニュースが発表されました。

◇Editor's Top 10 Stories of 2017

apnews.com

①セクハラ疑惑

f:id:YYZ095:20171226153004j:plain

有名人(主に男性)による女性へのセクハラ疑惑は昔からありましたが、今年は数多くの被害者が声を上げました。ハービー・ワインスタイン、ビリー・オーライリー、マット・ラウラー、チャーリー・ローズ、また複数のアメリカ議会議員が過去のセクハラ疑惑を告発されました。

②トランプ・ファーストの年

f:id:YYZ095:20171226153430j:plain

就任式に集まった聴衆の数を始め、数えきれないほどの騒動を引き起こしてきたトランプ大統領。支持率は史上最低レベルですが、支持基盤は堅く、またツイッターを通じて世界中を引っ掻き回しました。

③ラスベガス銃撃事件

f:id:YYZ095:20171226153758j:plain

ラスベガスにおいて、64歳の男が大量の銃器を集め、コンサートに来ていた聴衆に向かって発砲。58人の命が奪われました。犯行の動機は現在に至るまで、明らかになっていません。

④ハリケーン襲来

f:id:YYZ095:20171226154144j:plain

4週間かけて、ハービー、イルマ、そしてマリアの3つのハリケーンテキサス州フロリダ州プエルトリコカリブ海諸国に襲来。うち、ハービーはテキサス州で80人以上の死者を引き起こし、被害総額は1500億米ドルに到達。マリアはプエルトリコで20万戸以上の家を破壊し、長期間にわたる停電を引き起こしました。

北朝鮮

f:id:YYZ095:20171226154907j:plain

北朝鮮トランプ大統領を「老いぼれ(dotard)」と、トランプ大統領は金総書記を「リトル・ロケットマン(Little Rocket Man)」と非難。言葉の応酬だけですめば良かったのですが、米国と北朝鮮の対立は深刻なものとなりました。北朝鮮は水爆実験や、米国本土に到達する大陸間弾道ミサイルを開発。緊張状態はおさまる様子を見せません。

⑥ロシアゲート問題

f:id:YYZ095:20171226155404j:plain

トランプ政権とロシアの繋がりをめぐるFBIの捜査に対し、トランプ大統領はFBI長官を解任。しかし後任のロバート・ミューラー特別検察官率いる捜査班は、ロシアゲート疑惑に関わったとして政権の複数人物を検挙。捜査班は、トランプ大統領の選挙チーフであるポール・マナフォートや、元国家安全保障問題補佐官のマイケル・フリンなどを含む4名を告発しました。

オバマケア

f:id:YYZ095:20171226160034j:plain

オバマケアの廃案を目指していたトランプ大統領でしたが、議会において共和党は廃案に失敗。共和党の重鎮議員、ジョン・マケインが廃案反対票を投じたのも大きなニュースとなりました。しかし、オバマケア廃案をあくまでも政権の前提とするトランプ政権下で、今後オバマケアがどうなるのかは不明です。

⑧税制改革

f:id:YYZ095:20171226160729j:plain

共和党民主党の票を一票も受けることなく、大企業減税を含む大規模な税制改革法案を議会で通過させました。トランプ大統領は経済の活性化をメリットとして挙げていますが、国家予算の不足や大勢のアメリカ国民の保険に悪影響をもたらす可能性があるとの批判もあります。

⑨世界規模のテロリズム

f:id:YYZ095:20171226161052j:plain

新年早々、トルコのイスタンブールで銃撃事件が発生。39人が命を落としました。また、有名歌手のアリアナ・グランデのライブ会場(マンチェスター)やニューヨーク、バルセロナでもテロが発生。10月には、ソマリアで500人が死亡する事件が発生。11月にはエジプトのモスクで300人が死亡しました。この他にも数えきれないほどテロ事件が発生した年でもありました。

⑩ダーイシュ(ISIL)

f:id:YYZ095:20171226161442j:plain

長い戦いの末、イラクのモスル、またダーイシュが首都と宣言するシリアのラッカが陥落。ダーイシュの組織的機能は失われましたが、エジプトやアフガニスタンに逃れた残党は現在に至るまで活動を続けています。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

以上、AP通信が選ぶ2017年10大ニュースでした。